映画「ダラス・バイヤーズクラブ」公式サイト

映画「ダラス・バイヤーズクラブ」公式サイト

映画『カフェ・ド・フロール』公式サイト

     

INTRODUCTION

1985年、アメリカで最も保守的とされるテキサス州で、HIV陽性により余命30日と宣告された男がいた。男の名前はロン・ウッドルーフ。同性愛者でもないのになぜ!?と怒りを周囲にぶつけるロン。『ジャイアンツ』『武器よさらば』などで知られる俳優ロック・ハドソンが実はゲイであり、エイズに冒されたという当時の報道は、驚きと共に、ゲイ=エイズという盲目的な偏見に拍車をかけた。自ら宣告を受けたロンの反応も同じだった。そこから、政府や製薬会社を相手取り、生きるためのロンの闘いが始まる。
主人公ロンに扮したのは、21キロ減量し難役に挑んだ人気俳優マシュー・マコノヒー。ロンをサポートするトランスジェンダーのレイヨンには、監督やミュージシャンとしても活躍し、俳優業から足を洗うと一時宣言していたジャレッド・レト。医師として、体制と個人倫理に挟まれるイブを演じるジェニファー・ガーナーは、彼らの現実と我々の現実の橋渡しに欠かせない“共感”を体現している。

STORY

政府と製薬会社に一 人戦いを挑んだ男の感動の≪実話≫

男の名前はロン。ロデオと酒と女の日々をおくり、ある日ロデオで賭けをするが、負けると金を払わず逃げ、その日暮らしのトレーラーハウスに戻った瞬間に、膝から崩れ落ちる。病院のベッドで目覚めると、医師が彼に告げた。HIVの陽性反応が出て、余命30日であることを。有名俳優のロック・ハドソンがエイズであることが公表され、同性愛者しかかからない病気、そんな根拠のない噂が蔓延していた時代。同性愛者でもないのになぜ!?と納得できないロンは、図書館で新聞記事を閲覧し、情報を漁る。そして自分はエイズであるという真実がつきつけられる。生きたい欲求にかられた彼は、自分を診察した女性医師イブを訪ね、AZTという未承認の薬を処方してくれるように頼むが、断られる。そこで彼はメキシコへ渡り、毒性の強いAZTではなく、アメリカでは未承認だが効果がみこめる薬を国内に持ち込み、患者たちにさばき始める。彼に慈善の心などなかった。素行が悪く、ゲイ・コミュニティーに嫌悪感を持つロンが、販売ルートを広げるのは難しい。そこで彼は、美しいトランスジェンダーのレイヨンを仲間に引き入れる。日本をはじめ、世界中から仕入れた薬をさばくために考え出したシステムが「ダラス・バイヤーズクラブ」だった。会費を募り、必要な薬を無料で配る。名目的に薬の売買はない。その彼らの前に立ちはだかったのが、AZTを推奨し始めた医師たちと製薬会社に政府。ロンは、弁護士を使い、 “個人の健康のために薬を飲む権利を侵害する”国の動きに対して徹底抗戦の構えをとる。彼を見殺しにしようとする世界に対する戦い。一人の男が、生きる権利のための戦いに挑んでいく。

CAST&STAFF

マシュー・マコノヒー(ロン・ウッドルーフ)
テキサス出身。ハリウッドで最も引っ張りだこの主演男優のひとりである。40以上の作品に出演し、合計で10億ドル以上の興行成績をあげている。『マジック・マイク』(13)でスピリット・アワードを受賞し、『マジック・マイク』と『バーニー/みんなが愛した殺人者』(13)では、ニューヨーク映画批評家協会と全米映画批評家協会から最優秀助演男優賞を贈られ、『ペーパーボーイ 真夏の引力』(13)の演技でも絶賛された。『MUD‐マッド‐』でも絶賛され、アメリカ興行収入トップ10に5週連続でランクインする予想外の大ヒットとなった。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(14)にも出演。他の出演作としては、『リンカーン弁護士』(12)、『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』(08)、『サラマンダー』(03)、『ウェディング・プランナー』(01)、『U-571』(00)、『エドtv』(00)、『ニュートン・

ボーイズ』(99)、『アミスタッド』(98)、『コンタクト』(97)、『評決のとき』(96)、『真実の囁き』(96)など。自身の製作会社j.k.livinが初製作した、『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』(05)では、ピープルズ・チョイス・アワードを獲得した。2008年に「The just keep livin」財団を立ち上げ、2つの大きな高校で運動と健康のプログラムを実践する育成援助を行っている。

ジャレッド・レト(レイヨン)
ルイジアナ州出身。俳優であり、ミュージシャンであり、監督である。20年に渡り様々な役を演じている。主な出演作は、『ミスター・ノーバディ』(11)、『チャプター27』(07)ではチューリッヒ映画祭観客賞を受賞、『ロンリーハート』(07)、『ロード・オブ・ウォー』(05)、『アレキサンダー』(05)、ジョディ・フォスター主演『パニック・ルーム』(02)、『レクイエム・フォー・ドリーム』(01)、『アメリカン・サイコ』(01)、『17歳のカルテ』(00)、『ファイト・クラブ』(99)、『シン・レッド・ライン』(99)など。監督作「Artifact(原題)」はゴッサム・インディペンデント映画賞を受賞。観客賞にも輝き、2012年のトロント国際映画祭では、ピープルズ・チョイス・アワードのドキュメンタリー部門も獲得した。音楽活動にも力を入れており、ボーカル、ギター、作曲を担当しているバンド「サーティー・セカンズ・トゥー・マーズ」は、4つのアルバムを発表。MTVアワードやビルボード・ミュージック・アワードを含め世界中で数々の賞を獲得している。2013年にはMTVビデオ・ミュージック・アワードで最優秀ロック・ビデオ賞を受賞している。

ジェニファー・ガーナー(イブ)
テキサス州ヒューストン出身。J・J・エイブラムス製作総指揮のテレビシリーズ「エイリアス」(03)で主演のシドニー・ブリストウを演じ、ハードなアクションもこなして評判となり、ゴールデングローブ賞(TVシリーズ部門)、ピープルズ・チョイス・アワード、全米映画俳優組合賞を受賞し、エミー賞4部門にノミネートされた。『JUNO/ジュノ』(08)では、アカデミー賞ノミネート経験のあるエレン・ペイジ、ジェイソン・ベイトマンらと共演し、彼らとともに放送映画批評家協会賞にノミネートされた。主な出演作には、『バレンタインデー』(10)『エレクトラ』(05)、マーベルコミックの映画化の『デアデビル』(03)、レオナルド・ディカプリオと共演の『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(03)、『パール・ハーバー』(01)など。2005年には長年自身のアシスタントをつとめたジュリアナ・ジェーンズと製作会社ヴァンダリア・フィルムズを設立。アメリカのセーブ・ザ・チルドレンでアーティスト大使を務めており、初等教育の普及活動を行っている。最近はプロデューサーや慈善家としての活動も行っている。

監督:ジャン・マルク=ヴァレ
モントリオール出身。1995年の「Liste Noire(原題)」で監督デビュー。本作は、作品賞、監督賞、最優秀助演賞(オーバート・パラシオ)を含むジニー賞(カナダのオスカー)9部門にノミネートされた。監督、脚本と製作を担当した「C.R.A.Z.Y(. 原題)」は50カ国以上で公開されるヒット作となった。トロント国際映画祭で最優秀カナダ映画賞を受賞し、作品賞、監督賞、脚本賞を含めジニー賞11部門を受賞、ジュトラ賞13部門を受賞した。『ヴィクトリア女王 世紀の愛』(09)ではゴールデングローブ賞、放送映画批評家協会賞を受賞し、アカデミー賞3部門にノミネート、衣装部門賞を受賞(サンディ・パウエル)するなど世界で高く評価された。現在はシェリル・ストレイドのベストセラー体験記「Wild」の映画化の監督を担当。脚本ニック・ホーンビィ、主演リース・ウィザースプーン。2014年公開予定。
脚本:クレイグ・ボーテン
フィラデルフィアに生まれ、シラキュース大学を卒業。本作が映画脚本初担当となる。
大小問わず様々なスタジオで20年以上に渡り脚本を書き続けてきた。
脚本:メリッサ・ウォーラック
ミネソタ州ミネアポリスに生まれ、スキッドモア大学で英文学と経営学の学士を取得。2005年、「Variety」誌により「注目すべき十人の脚本家」に選出されたメリッサ・ウォーラックは、長編映画及びテレビ番組の脚本を担当している。『幸せのセラピー』(09)では脚本だけでなくバーニー・ゴールドマンとともに監督も担当。アーロン・エッカート、ジェシカ・アルバ、エリザベス・バンクス、ローガン・ラーマン、ティモシー・オリファントらが出演した。彼女が脚本を担当したターセム・シン・ダンドワール監督のファンタジーコメディ『白雪姫と鏡の女王』(12)はヒット作となった。

PRODUCTION NOTE

マコノヒーは言う、「ただの不良カウボーイだった男が最後は有能な科学者になっていた。彼は生きる欲求に駆り立てられた。HIVだと知った時、彼には果たすべき目的ができた。それは生き続けること。あらゆることがこの目的に基づいている」と。ロンが相棒に選んだのはトランスジェンダーのレイヨン。偏見を捨てきれないロンに、同じ境遇に苦しむ同性愛者のコミュニティーを繋げ、薬の販売ルートを広げる。マコノヒーは、ロンの衰弱を見せるべく、最終的に21kgにも及ぶ壮絶なダイエットに挑み、死期の迫る男の肉体に改造した。減量に徹したのはレイヨン役のジャレッド・レトも同様で18kgを落とした。監督のヴァレは言う、「ジャレッドの演技は的確だった。グラムロックの妖艶なゲイとして、男と女の部分が混ざった人間だと考えていた。なのに、彼はずっと女性的に振る舞っていたよ」と。
1992年、脚本家のボーテンは、ロン・ウッドルーフに実際に会い、いつか自分の話が映画になったらどう思うか訊ねた。「もしそうなったら、ぜひ観てみたいね。あらゆる人に知ってもらいたいし、独自に学んできた政府のこと、医薬機関のこと、エイズのことを学んでほしい。やってきたことに意味があったんだと思えるといいな」とロンは答えた。
それが20年を経てようやく実現したのだ。

TOP